【画像】向田真優の父はレスリング経験者!全国優勝もしてる実力者!

3 min

東京2020オリンピックのレスリング女子代表・向田真優選手。

今大会での活躍も期待大ですが、向田選手の父親もスゴイ選手だったんです!

向田選手がレスリングを始めるきっかけとなったお父さまとはどんな人なんでしょうか?

レスリングで全国優勝もされている向田選手の父を、プロフィールも交えてご紹介していきます!

向田真優の父・向田淳史プロフィール

名前:向田淳史(むかいだ あつし)

趣味:釣り、カヌー

勤務先:特別支援学校

モットー:人にやさしく、己に厳しく

略歴:レスリング女子・東京オリンピック日本代表の向田真優の父親。

ブラジリアン柔術の選手で、全日本ブラジリアン柔術選手権アダルト青帯ペサード級で準優勝の実力者。

レスリングでも2011年の『全日本マスターズレスリング選手権大』で優勝している。

同じく、2014年『全日本マスターズレスリング選手権』でも準優勝の実績を納めている。

【画像】向田真優の父はレスリング経験者!全国優勝もしてる実力者!

向田真優(左)と父・向田淳史(右)

向田真優さんはブラジリアン柔術をしていた父・向田淳史(むかいだ あつし)さんに勧められて5歳からレスリングを始められました。

そんな父・淳史さんはブラジリアン柔術以外にもレスリングでも優勝経験がありました!

さらに多趣味な一面や現在の職業、向田真優さんの応援エピソードなどもまとめてご紹介していきます!

向田真優の父はレスリングで全国優勝していた!

2011年 第10回全日本マスターズレスリング選手権大会での向田淳史(表彰台一番上)

向田淳史さんはブラジリアン柔術の実績とは別に、レスリングの全日本マスターズレスリング選手権大会でも優勝をされています。

全日本マスターズレスリング選手権大会とは、35歳以上の方を対象としたレスリングの大会です。

35歳以上とはいえ、向田真優選手が当時13歳くらいの頃ですからお父さまはおそらく40歳以上にはなられていると思われます。

その年齢で優勝されるとはかなりの実力者であることは間違いないですね!

準優勝での言葉がストイック過ぎる!

2014年 第13回全日本マスターズレスリング選手権大会での向田淳史(表彰台左)

さらにその4年後の同大会でも準優勝をされています。

この時の父・淳史さんの言葉がストイック過ぎました。

『昨日は、全日本マスターズレスリング選手権大会でした。
~中略~
私は決勝で逆転負けでした。詰めが甘いです

引用元:向田淳史Facebookより

なんと、準優勝という素晴らしい好成績を収めていながら【詰めが甘いです】と、かなりストイックな言葉で締め括られています。

これには向田淳史さんのモットーに関係しているようです。

『人にやさしく、己に厳しく』

この言葉は娘の真優選手にも言い聞かせているそうです。

親子共々強くストイックでいられるのはこの言葉の重みを常に感じているからなんでしょうね!

ブラジリアン柔術の実績もスゴイ向田真優の父!

ブラジリアン柔術の仲間 Facebookより 前列左から4番目が向田淳史

向田淳史さんはブラジリアン柔術でも実績を残されています。

ブラジリアン柔術練習中の父・向田淳史

全日本ブラジリアン柔術選手権アダルト青帯ペサード級で準優勝されていて、その実力も確かなもの。

さらに、ここでは様々な活動もされていました。

ブラジリアン柔術を通じて活動貢献もしていた

向田淳史(前列中央)

向田真優選手の父・淳史さんはブラジリアン柔術の関係者の方などに向けて心肺蘇生の講習会などもされています。

向田淳史Facebookより

このように、ブラジリアン柔術を通じて格闘技に関する以外の活動も積極的にされているようです。

このような貢献活動には、淳史さんの現在の職業も関係しているようです。

向田真優の父の職業と幅広い趣味

向田真優の父の職業は特別支援学校

イメージ画像

向田淳史さんの現在の職業は特別支援学校です。

特別支援学校というと・・・

学習上または生活上の困難を克服し自立が図られること」を目的とした日本の学校である

と定義されているところをみると、先ほどの貢献活動に通ずるところもあります。

さらに、向田選手にレスリングを勧め、今の大活躍に至るまでを支えた父・淳史さんにピッタリのご職業と言えそうですね!

幅広い趣味①カヌー

Facebookより カヌーの準備をする向田淳史

向田淳史さんは格闘技以外にも多趣味なんです。

その一つとしてカヌーをされています。

格闘技以外にも身体を動かすことがお好きなんでしょうね!

幅広い趣味②釣り

向田淳史Facebookより

続いての向田淳史さんの趣味は釣りです。

『鳥羽のワラサは美味しいです。』

とコメントされています。

ワラサという魚は、60~80センチ (約2.5キロ以上)というかなり大きいものですので、釣り上げるのにも結構な力が必要です。

やはり身体を動かすのがお好きな淳史さんですね

向田真優の応援にも熱心な父

父・淳史さんは娘の向田真優の為に海外に応援もされています。

この時も、

『南京の空高く、日の丸を挙げることができました。応援寄書きの日の丸のおかげです。これからも声援宜しくお願いします。』

引用元:向田淳史Facebookより

娘・向田真優さんにも『人にやさしく、己に厳しく』と教えている通り、この時も向田選手の実績を他者への感謝も込めてコメントされていました。

向田真優選手も感謝の心を忘れない素敵なお父様を持たれて誇らしいでしょうね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

向田真優選手の父・向田淳史さんは格闘技の実力もあり、多くの趣味を持ち、さらに素晴らしいモットーを持つ素敵な人柄でもありましたね。

最後に、淳史さんの好きな言葉で締めくくりたいと思います。

僕の人生が幕を降ろす時、僕は笑って、みんなが泣いてくれるような人生をおくりたいデス。

引用元:Facebookより

素晴らしいですね!

向田真優選手、偉大なお父様に見守られながら東京オリンピックでの大活躍に期待しています!!

↓↓↓【向田真優の関連記事はこちら】↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

2 件のコメント