女子バレー古賀紗理奈の家族エピソード!娘の人生を支えた父・母に感動!

3 min

東京オリンピック女子バレーの日本代表で、NECレッドロケッツに所属する古賀紗理那選手。

オリンピック日本代表の中でも実力はトップレベルで超注目選手である古賀紗理那さん。

今回は、そんな古賀選手のバレーボール人生を支え、育んでくれたご家族にスポットを当て、それぞれのエピソードも併せてご紹介します。

古賀 紗理那プロフィール

名前:古賀 紗理那(こが さりな)

生年月日:1996年5月21日

出身地:佐賀県神埼郡

身長:180㎝

体重:66kg

血液型:B型

ポジション:アウトサイドヒッター

所属:NECレッドロケッツ

コートネーム:サリナ

女子バレー古賀紗理奈の家族エピソード!娘の人生を支えた父母に感動!

古賀選手は、父・古賀祐正(ひろまさ)さん、母・博恵(ひろえ)さん、姉・麗那(れいな)さんの4人家族です。

そして、ご両親もお姉さんも体育会系出身者で、母・博恵さんと姉・麗那さんはバレーボール経験者なんです!

そんなご家族に囲まれて古賀選手は伸び伸びとバレーの道を進んでこられたようです^^

古賀選手を幼いころから支えてきたご両親の経歴を感動エピソードも併せてご紹介していきます。

【古賀紗理奈の父親】古賀裕正は野球経験者!

古賀紗理奈の父:古賀祐正(ひろまさ)さん

古賀選手の父・古賀祐正(ひろまさ)さんは職業はサラリーマンですが、中学までは野球をされていたんだそうです。

祐正さん自身はバレーボール経験はなかったものの、古賀選手にとってはアドバイザーとして頼りになる存在だったようです。

父のアドバイスを参考にしていた古賀紗理奈

祐正さんはバレーのことは分からないことが多かったと思いますが、自身の経験を娘のために話していたこともあったようです。

「自分はバレーを知らないのに、声の出し方とか、力の入れ具合を聞いてくる。

それだけ、そのときは追い詰められていたんでしょうね。

それでも聞いて、なにかしらヒントがないか探す。

そういうことだったんだと思います」

引用元:サンスポより 

このように話されていることから、裕正さんの野球経験は古賀選手にとって貴重なアドバイスになっていたんですね!

【古賀紗理奈の母親】古賀博恵はバレーボール経験者!

古賀紗理奈の母:古賀博恵(ひろえ)さん

古賀選手のお母様の古賀博恵(ひろえ)さんは、中学から高校までバレー部に所属されていました。

そんなご自身の経験から

『女の子が生まれたらバレーをさせたい』

と考えていたと言います。

しかし、娘にバレーをさせたいという博恵さんの想いは高校時代の苦い思い出に関係していました。

『春高が夢だった…』母が娘にバレーをさせたかった本当の理由

博恵さんには高校当時の夢だった『春高バレーへの出場』が叶わなかったという苦い思い出がありました。

そういった過去があったことも併せて、娘にはバレーで春高を目指してほしいと思っていたと言います。

スポーツナビより春高出場時の古賀紗理奈

そんな母の願いは叶い、古賀選手はみごと春高バレーに出場、さらにそこで最優秀選手賞にも選ばれています!

ちなみに、小学校2年の時から古賀選手にバレーを教えていた博恵さんは、古賀選手のダッシュやパスフォームに才能を感じていたんだそうです。

春高を目指しても大丈夫!』と小学校のころの古賀選手を見て、博恵さんは確信していたのかもしれませんね^^

【番外編】古賀紗理奈の心の支え・祖父の存在

右が古賀紗理那さん、左が祖父の義治さん

古賀選手は自他ともに認めるおじいちゃん子でもあります。

そんな古賀選手の心の支えである祖父の名前は古賀義治さんと言います。

子供のころは家がすぐ近くで、よく外で一緒に遊んでもらったんだそう。

バレーボール選手として東京に出てからも、毎週のように電話でお話をされているんです。

人に弱みを見せない負けず嫌いな古賀選手ですが、義治さんの前では素でいられるそうです^^

祖父の言葉に感動した古賀紗理奈

古賀選手のユニフォームを身に着ける祖父:義治さん

そんな、祖父:義治さんは耳が遠く、電話でもなかなか伝わりにくいことが多いようです。

でも、古賀選手がピンチの時には力強い言葉で古賀選手を励ましていました。

「普通に電話をかけてきて、『全然、声に元気ないね。大丈夫?』と言われました。

外されたことは知っていたと思うけれど、そのときは私の声が聞こえていたみたい。

それまで一人で泣いていたのが、また涙が出てきて。

あのときのじいちゃんとの電話では、本当に泣きました。

『やめたくなったら、やめてもいいよ』という言葉に、すごく救われました」

引用元:オリパラ アスリート私のとっておきより

耳が聞こえないのに、古賀選手の元気のない声がわかるなんてすごいですね!

きっといつも聞こえにくい中でも古賀選手の声色を敏感に感じ取っておられたんでしょうね^^

『やめたくなったら、やめてもいいよ』

という言葉も信頼できるおじいちゃんからだからこそ、古賀選手には響いたんですね( ^ω^ )

まとめ

いかがでしたでしょうか?

見ていただきました通り、古賀紗理那選手の活躍の陰には、温かく支えてくれる『家族』の姿がありました。

お父さまもお母さまも、そしておじいさまも古賀選手に対する愛が溢れていて、感動しましたね…( ノД`)

そんなご家族みんなの期待を胸に、東京オリンピックでも大活躍をして欲しいと思います!

↓↓↓【古賀紗理奈の関連記事はこちら】↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

1 件のコメント